新生児 下痢 見分け方 病院

新生児が下痢を見極めるポイント


生れて間もない赤ちゃんは固形物を口にしていないため、便も緩く下痢なのか通常の便であるのかがはっきりしません。
病院に連れていく前の見分け方は、まずは便の出る回数がいつもより多いかどうかで判断すると分かりやすいです。

 

新生児の便の回数は個人差があるので、生まれてすぐに何回も便をする赤ちゃんもいます。
いつもと比較して明らかに回数が多いときは病院に連れていくことをお勧めします。

 

母乳やミルクの飲みが悪いときは、お腹の調子が悪い可能性が極めて高いので注意が必要です。
いつもゴクゴクと勢い良く母乳やミルクを飲んでいるのに、すぐに飲むのを止めたり残してしまうときに便が緩いときは下痢の症状であるケースが多いです。

 

赤ちゃんの機嫌の良し悪しで体調を把握する見分け方は危険

中には、ノロウィルスなどに感染していても機嫌が良く、見たところ元気に遊んでいる赤ちゃんもいます。
下痢をしているようだけど、にこにこ機嫌が良さそうだったから大丈夫だと思っていたら、
緩い便が治らずに家にいる大人たちが下痢や吐き気が止まらなくなってしまい診察に行ったらウィルスに感染していたというケースもあります。

 

新生児が下痢をしているかどうかの見分け方は、便の回数であっても、飲みの悪さであっても、元気なときと比較することがポイントです。

 

新生児は便の質、母乳やミルクを飲む量と勢い、体調不良時の機嫌の良し悪しだけに限らずに、ありとあらゆることに個人差が目立ちます。
他の新生児は問題なかったとしても、同じように当てはまるとは限りません。
そのため、身近にいたとしても他の赤ちゃんと比べて見分けると本当の状態が把握できずに対応が遅れてしまうケースもあります。

 

赤ちゃんの便トラブル

赤ちゃんのお悩みでも多いのが「便秘」です。赤ちゃんの便秘にオリゴ糖がおすすめなのでもし悩んでいるママがいれば試してみてくださいね!

 

こんな場合はすぐに病院で診察を!


診察を受けるべきかどうか悩みがちな新生児の下痢ですが、ヨーグルトに似た酸っぱい臭いがする場合はウィルスに感染している可能性が極めて高いので、おむつや便の処理は細心の注意が必要です。
ノロウィルスは大人にも感染する強いウィルスです

 

新生児の便から酸っぱい臭いがしたら、ビニール手袋とマスクを着用しておむつ替えをすることをお勧めします。
使用済みのオムツはビニール袋に包んでいち早く処分するようにしましょう。

 

ノロウィルスは大変に強い感染症です。
空気中に目には見えない細菌が蔓延してしまいやすいので、適切に処理をしましょう。
そして、何よりもそのような症状が出たらすぐに診察を受けるようにしましょう。 水分が抜けてしまうため、水分補給も忘れないようにしましょう。